読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台ストリートナンパ物語

仙台市でストリートナンパを愛してやまない男たちの日記である。

1月28日出撃レポ

おざーす!!

どうも私です!モンキーです!!

約一週間ぶりのストリートに出て来ました!

以前ほど寒さがなくなって動きやすくてよかったです、、、が二月からまた寒くなると思うと震えが止まりませんw

もう今月も終わりですね!

今月の即は諦めて、二月の即につながる案件を探しに今日は出撃しました!

月間目標6に対して現在1月28日までで6即。

丁度目標値に達しています!が、即確定のアポドタやヨネスケ2件負けしてるので、それ回収してたらと思うと悔しさしかありません。

月間10も夢ではないって事ですね。

まだまだ私も伸び代があるって事でポジティブに捉えましょう!

f:id:sendai-streetmaster:20170129104048j:image

さて、今回はスト仲間数人と並べて見てもダントツでチャラいチャラいと言われ続けて来た私なので、そのチャラさを消して、誠実っぽく臨みたいと思い華麗に(?)変身してまいりました!

f:id:sendai-streetmaster:20170129104337j:image

f:id:sendai-streetmaster:20170129104348j:image

f:id:sendai-streetmaster:20170129104358j:image

サンシャイン斎藤に生まれ変わりまして、ナンパをしてまいりました。

ではレポです。

 

今日は夜中の1時からキセクメンテのために実質3時間の活動時間しかなく、Lゲメインで、目標5件!死番できるだけ少ない案件を求めて街舞い降りました!

 

早速スト仲間数人と合流し、街を徘徊。

しかし案件がいない!いない!いない!

びっくりするくらいいないのですwww

散歩して、立ち止まってを繰り返しているとスト高2人組発見し、ウィングであるRと声かけ。

も、ほぼガンシカ。

今日の誠実服装で成果を得られないと買った意味も問われるし、誠実は私には向かないことになってしまうのでなんとしても結果が欲しかった。

1人プレッシャーが半端なく焦っていました。

また歩いてると私の好きなタイプが通る、、、声をかける!

いつものアプローチ!いつものオープナー!

オープン!!!っしない!!!!!

おい!ガンシカ二連続ううう!

え?ちょっと待って、この格好ダメなの?いつもならもう少し手応えあるぞまじで!

次いこ!次!

またもタイプ案件通る!すぐさま声かけ!

オープンせずorzガンシカ.....

まじこれやばくね?私がやばいのか?それともガンシカされるような子にしか当たってないからたまたまなのか?もしくは今日は反応が悪い日なのか?

今日は5件のLゲなんてできないと思い始めた‥‥

またスト仲間で案件がいなので地蔵トークしていると、スト4くらいのまぁ普通な子が通る。

誰も行かない(地蔵トーク楽しみすぎw)なので、私がアプローチ。

「こんばんわー!」

「はい??」

「今そこで友達と喋ってたんだけど、俺のこと気づいた?w」

「え?いや全然‥‥」

反応が悪いがなんとかオープン。

自信を持ってアイコンタクト多めで平行トークする。

「あっ、本当に?お姉さんめっちゃスマホいじって下向いてたもんねw」

「はいw」

「俺背が小さい子が好きで、友達と喋ってたんだけどお姉さんの事気になったから抜け出して来たw

お姉さん今から何するんですか?」

「今から帰るところですー」

「え!もう帰るんですか?俺ら今から飲みに行こうかなって思ってたんですけど人数多くてなかなか決まらなくて話してたんですよね。明日もお姉さん休みでしょ?」

「いえ、明日テストがあって」

「テスト?学生?」

「そうです」

「あー!大学生?」

「はい」

「頭良さそうですもんねw」

「いえいえw」

「どこの大学なん?」

「東北大です」

(ととととトンペーきたぁぁぁああああ!高学歴女子!!興味ある!w)

「東北大?めっちゃ頭いいやん、そりゃテストとか忙しいよねー」

「今カフェで勉強してきたところなんです」

「勉強?明日のテスト?」

「そうです、一応」

ここで相手の荷物を確認したが、リュックとかノートとか教科書を入れてる物がなく、小さい肩掛けポーチだったのでそれをネグる。

「え?でもお姉さん勉強道具持ってないじゃんwそんな小さいバッグに入ってるの?w」

「そうですよw2時間くらいしか勉強してないので」

「あー、なんか俺の友達も東北大何人かいるんだけど、そいつはノー勉とか言ってたわw」

(おざー使わせてもらいましたごめんなさい)

「あ、それはやばいやつですねw」

ここからマック連れ出し打診に切り替える

「ってか俺らまだ多分普通に話盛り上がってて、30分くらい動かないと思うし、俺腹めっちゃ空いてるんだけど、動くまでそこのマック付き合ってくれない?」

「え、、、でももう帰るだけだし、お腹すいてない、、、」

「あー、お腹すいてないんだ?カフェ行ってきたんだもんね!でも俺腹減ってるし飲み物だけでもいいし、ちょっと行こ!」

これが素直に受理され、連れ出し確定。

1時間近く和んで、Lゲし、即は狙ってないのでそのまま放流。

恐らく案件的には即系の女の子だったと思います。

が、時間をかけないと即れない子だと判断し準即狙いの二月案件に回すことに。

 

ここではぐれたスト仲間と合流しようと連絡。

一本目のアーケードいます!との事で向かう。

その途中にキャットと連絡しキャットと合流。

一本目のアーケードに向かう。

キャットとサージングしてると顔はスト3.5、スタイルはスト7くらいあるエロい女とすれ違う。

私はエロい女が大好物なのだ。

すぐさまUターンし、ソロで声かけ。

「こんばんわー!」

「こんばんわ(ニコッ)」

良反応きた!!!逃さない!

「今俺友達とそこ歩いててお姉さんとすれ違ったんですけど、気づきました?w」

「え?全然気づかなかった」

「まじすか!お姉さんめっちゃ姿勢正して前方ばっかり見てましたもんねww」

「wwwwなにそれめっちゃウケるww」

このトークが刺さったのか、超オープンした。

「いやいや、俺はすれ違いざまにお姉さんの事ガン見して俺だけ見つめてましたよww」

「wwwうけるww」

「友達と駅の方に飲みに行く途中だったんですけど、さすがに声かけないと俺の人生終わるなって思ってww」

「wまじうけんだけどwww」

「お姉さん、今からどこ行くんですか?」

「今東京から帰ってきたところー」

「東京?あー!東京の人って事?」

ここで、わざと違う事を言って被せて話すテクニックに切り替える

「違う違う!東京から帰っ」ここで被せる

「帰ってきたところだもんね!w」

「そうw」

「でも東京になにしに行ってたん?」

「遊びに行ってたよー!」

「ディズニー?」

「中華街とかー普通に遊びに!」

「あー!そんなんだ!楽しめた?思い出作った?」

「めっちゃ楽しかった!!」

「なに?彼氏?男?」

「違う!女友達!」

「へー!明日も休み?」

「休みだよー!」

「いいねぇ!俺明日も仕事だわーw今からなにで帰るの?歩いて?」

「そう!近くだから!歩いてもいいし、タクシーでもいいし!」

「そうなんだ!俺はあの友達と(友達の存在に気づかせて真実を帯びたエピソードを作り上げる)ご飯食べるか飲みかーみたいな感じで歩いてたんだよねー」

「あー!あの友達?めっちゃついてくるねw」

「ついてくるねw1人寂しいんじゃない?w」

「あー!そうだよねw友達いいの?w」

「大丈夫w俺声かけないと後悔すると思って行ってくる!って言ってきたからw」

「wwwまじうけるww」

「明日も休みでタクシーなら俺お腹すいてるし一杯くらい飲み行かない?w」

「あー!いいよ!でも友達可哀想だし友達も連れてこうよ!」

なぜか相手からノリノリの打診がw

ここでキャットを引き連れて正三で焼き鳥屋へ。

23歳、看護師、一人暮らし、彼氏は数日前に別れたばっか。

焼き鳥屋inが23時30分、俺何も私にはあと1時間ちょっとしか時間がない。

この子の貞操観念を聞いたところ、相当低くセックスのハードルが物凄い低くド即系と判断。

も、私はメンテの為、また3人で鍋パする予定を取り付け放流。

放流し、メンテへ向かってる途中キャットがとんでもない事を言い出した。

「俺あの子に再度今から会えるか打診していい?w」

なぬ!???お前は俺の案件に隼の如しかww

「お、おう!いいよ(汗)声かけてみれば(震え声)」

ってなわけで俺はメンテへ。

 

結果

5声がけ、2連れ出し、2Lゲ

最初心折れるも、後半?反応良し!で誠実な格好に自信が持てました。

とりあえずこれで続けてみて結果を出したいと思います。

スカウトに間違えられないだけでこんなにもやりやすいとは、、、!

 

ps一方キャットは、ヨネスケしてましたーーーーー!!ちくしょう!俺の一即があああああ!

でも聞いたら3P可能案件だったらしく、東京で女友達は嘘で、男とやりまくって帰ってきたらしいですw

女って怖いw

以上モンキーでした!